個性豊かな全6チーム。最も支持を集め、全てを手にするのはどのチームか!?

ラジドリコロシアム第三回大会

出場チーム紹介(※エントリーNo.は応募順)

エントリーNo.1

声の劇団ゴッコヤ

作品ジャンル
[ファンタジー]

声の劇団ゴッコヤと申します。
え?どこかで見たようなタイトルロゴですと?
さすが鋭い。あの大人気作品のオマージュです。ええ、オマージュです。2回言っておきます。
ラジオドラマの特徴である「映像がない」を逆手に取り、映像化しにくい物をモデルにしました。皆様の想像力が頼りです。脳内映画館で楽しい15分間をお過ごしください!

エントリーNo.2

ポロンクセマ

作品ジャンル
[無業者喜劇]

喜劇ってなんでしょう。
アリストテレスによれば悲劇は優れた人間、喜劇は劣った人間の行為を再現したものらしいです。
Googleで検索したら出てきました。
でもそれは地位が高いか低いかであんま言葉通りの意味ではないみたいです。時代ですね。
そう考えると僕含め多くの人たちの人生って喜劇なんだなって思います。
響的にはそっちの方がいいっすよね。よくないっすか?
「俺の人生は悲劇だ」ってカッコつけてる奴いたらぶん殴りましょう。

エントリーNo.3

深く体酔う鼠

作品ジャンル
[和風ファンタジー]

どうも深い体に酔う鼠と書いて、「深く体酔う鼠(ふかくていようそ)」です。以前の第二回では当て字過ぎて読めなかった人が続出したので、しっかりここでアピールします。HU・KA・KU・TE・I・YO・U・SOです!よし、しっかり言えた。感無量です。第二回に引き続き第三回、さぁて、それでは、どうぞ、何卒、よろしくお願いいたします。

エントリーNo.4

KOE-NOS

作品ジャンル
[現代日本、ヒューマンドラマ]

夏ですね。
帰宅して玄関の前にセミが居ると家の鍵をなくした時と同じ絶望を感じます。
どうも、座長ねすとです。

声劇配信活動を行っている配信者が集う、KOE-NOS = 声の巣。

第一回ラジドリコロシアムでは"全員主役コメディ"で大会を盛り上げたKOE-NOSがシリアスを引っ提げて再挑戦!?

今度はなんと……全員、脇役?????

是非本編をお楽しみください!

エントリーNo.5

紫月探偵事務所

作品ジャンル
[旅×時を超える友情]

ヴァンパイアが主人公のBLマンガ動画チャンネルといえば私たち、紫月探偵事務所です。容姿端麗なヴァンパイア探偵とパソコンオタクの可愛い系男子、インコが相棒の変人科学者など、個性豊かなキャラクターによる心温まるストーリーをお届けしています。視聴者の方にほっこりと、優しい気持ちになっていただけるような作品づくりを心がけております。この大会でも、メンバー全員で協力して皆さまの心に響く作品をお届けします。

エントリーNo.6

音声劇団 『燦魂神話大系』

作品ジャンル
[「将棋指し」×「旅」×「人間ドラマ」]

『燦魂神話大系』は、企画・脚本:玉座シンゴと、演出兼演者:丸野三太郎が2013年に結成した音声劇団。
 音だけで描き出す ”物語り”。オーディオドラマ「で」表現する意味。
 実在せず画面にすら映らない想像のセカイを創造するからこそ、制作コンセプトとして、
 オリジナル脚本と、アニメでもなく演劇でもない立ち位置の作風にこだわり、
 繊細な心の動きによる、青色の痛みを紡いだ ”物語り”はきっと、あなたの小さな光になります。